ときかたち長期プロジェクト(2017年~)

●コンセプト

観客の身体の反応(意識下される一歩手前の意識)を触発させる装置づくり。
「観客の身体にダンスをどう出会わせるか」を作品の一部として提示するプロジェクト。
身体と空間を共有するための場づくりや枠組みそのものから創作する。

●概要

コンセプトに基づき、表現手法は異なる。活動拠点と異なる環境で、
「観客の身体」と向き合うこと、「場」を取り扱うことに重点を置き、創作。
主に、アーティスト・イン・レジデンスというスタイルで、思考と創作を深める。

>>第一弾
>>第二弾
>>第三弾

ときかたちダンス・ドキュメント・プロジェクト(2018年~)

●コンセプト

空気感や感触、気配のような「あわい(間)」に焦点を当て、 「身体表現」を別のメディアに変換しドキュメント(記録)する試み。
その場に居合わせた人でないと「体験」はできない表現を「その場にいなかった今を生きる人たちにどう届けるか」。
身体表現の新たなドキュメント方法を探る長期的なプロジェクト。

>>第一弾
>>第二弾
>>第三弾