「国際演劇年鑑2018」に作品が紹介されました

2017年に発表された ダンスカンパニーときかたち「路を辿る」が、「国際演劇年鑑2018」に紹介されました。
本作は、ある会場で行われる身体と空間の出来事に出会うまでの「旅する過程」を振り付ける試み。
観客の自宅に1週間ごとに合計3通の「手紙」が自宅に届き、手紙を開く行為から「体験」がはじまるといった身体と空間を共有するための場づくりや枠組みから創作するダンス・プロジェクトです。
電子本プラットフォームで無料公開されています。
是非ご覧ください。

●「国際演劇年鑑2018 世界の演劇を知る」 記事名「ダンスにとってsnsは敵か味方か!?」
https://issuu.com/iti-japan/docs/2018____pdf_______

※ダンス評論家の 堤 広志さんの記事。327ページに掲載。

・「国際演劇年鑑2018 世界の演劇を知る」(日本版)
2017年の各国の舞台芸術の動向、トピックス、国内のカンパニーや劇場による海外ツアーレポートを数多くの舞台写真とともにご紹介するほか、同時刊行の『国際演劇年鑑――日本の舞台芸術を知る(Theatre in Japan)』(英語版)に掲載された原稿の原文や、国際演劇協会日本センターが主催するリーディング&レクチャー「紛争地域から生まれた演劇」シリーズのレポートなどを掲載しています(公益社団法人 国際演劇協会日本センター発行/文化庁 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業)

●ダンスカンパニーときかたち「路を辿る」告知文
http://tokikatachi.com/michiwotadoru/

上毛新聞に掲載されました

アーツ前橋 ときかたち滞在制作成果発表/パブリックプログラム
http://www.artsmaebashi.jp/?p=10423
2018年3月17日の公開稽古を取材&撮影、3月18日の上毛新聞 朝刊に記事が掲載されました。

美術館の月刊誌に掲載されました

アーツ前橋情報誌「&Arts(アンドアーツ)」 第13号 に、
滞在制作の招聘アーティストとして「ダンスカンパニーときかたち」が特集されました。
■アーツ前橋情報誌「&Arts(アンドアーツ)」[PDF]
http://www.artsmaebashi.jp/?p=5878
http://www.artsmaebashi.jp/…/upl…/2015/08/andarts_13_web.pdf

美術館のWEBサイトに掲載されました

「アーツ前橋アーティスト・イン・レジデンス(AIR):プログラムB」の招聘アーティストに対しての審査員のコメント
審査員:
岡部あおみ(美術評論家/パリ日本文化会館展示部門アーティスティックディレクター)、白川昌生(アーティスト)、田中龍也(群馬県立近代美術館 学芸員)、住友文彦(アーツ前橋 館長)
http://www.artsmaebashi.jp/?p=9043